印鑑購入時の注意点

日本人なら誰でも一つは印鑑を持っていることでしょう。印鑑は、宅配の受け取りや回覧板の閲覧印として、日常生活で頻繁に使いますし、社内の書類やアパートなどの賃貸契約にも必要です。このように、日本は印鑑文化と呼ばれるほど、印鑑は重要なものなのです。このサイトでは、その印鑑の購入について説明します。

印鑑は紀元前5500年頃には既に使われていたようで、その後日本にも伝わってきました。歴史の教科書で見たことのある「漢委奴国王印」の金印が示すように、日本でも古くから印鑑が使用されてきて、重要な書類には印鑑を使う慣習が今も残っています。ただ、あまりにも身近にありすぎるため、100円ショップなどで簡単に印鑑を買ってしまいがちですが、こうした大量生産品には、危険性が伴っているので注意が必要です。

安い印鑑は印面が同じものばかりですので、偽造されやすくなります。また、破損しやすく耐久性も劣りますので、特に重要な書類での使用はやめたほうが賢明でしょう。印鑑には実印、銀行印、認印がありますが、それぞれ専門のはんこ屋で作ることをおすすめします。

参照ページ> 一本一本手彫りで印鑑を作成している専門の通販サイト【いいはんこやどっとこむ】

実印は、住宅ローンや不動産売買など人生の大きなイベントで必要なものです。偽造防止の意味も含め、しっかりとしたものを作ってください。また銀行印や認印は、実印よりも使う機会が多くなりますので、耐久性のある素材で長く使えるものがいいでしょう。印鑑は、安全面と耐久性の優れたものを選ぶことが大切です。このサイトが印鑑購入の際の参考となれば幸いです。