印鑑と日本人

日本では、あらゆる場面で印鑑が重要な意味を持ってきます。身近なところで言えば、宅配業者から、荷物を受け取る際に印鑑が必要となります。また、町内の回覧板にも閲覧の印として印鑑を押したりするでしょう。このように、日本人のほとんどが印鑑を持っていて、サインで済ませる海外と違い、この印鑑文化は日本独特のものなのです。

印鑑の歴史は古く、紀元前の古代メソポタミア文明の頃には既に存在していたと言われています。その後、ヨーロッパに広がり、古代中国を経由して日本に伝わりました。日本では、「漢委奴国王印」が日本最古の印鑑として知られています。そして、大宝律令制定時に官印が使われ、公文書には印鑑という慣習が続いていくことになるのです。

この印鑑文化はこうした慣習だけのものではなく、法的にもしっかりと根拠があるもので、押印により私文書が成立すると定められています。また、役所への届け出やアパートなどの賃貸契約、銀行口座の開設においてもこの印鑑が重要な役割を果たすのです。裁判での証拠としても印鑑が有効とされていますから、印鑑は日本人にとって特別な地位にあるものと言ってもいいでしょう。では、次に印鑑を購入する際に気を付ける点について説明します。